石川真生 写真集「熱き日々 in オキナワ」 サイン入り

そこには愛があった。

故・東松照明が「ミイラ取りがミイラになる直前の危うさのなかで見た人生の裸形がここに投げ出されてある」と評した伝説のデビュー作が、30年という長い封印を経て、ここにふたたび発表されます。日本への復帰まもない1975年の沖縄で22 歳の石川真生は、英語もしゃべれないなか、外人バーに飛び込みま す。堂々と米兵との恋愛や青春を楽しむ沖縄や本土の女性。そして彼女たちとの恋愛に身をやつす米兵。
ベトナム戦争の終わりかけた激しい時代に生きる男女の、生命力あふれる姿と 沖縄を、石川はシャッターに収めました。女性たちと黒人兵への、人生讃歌、愛の讃歌がありありと描かれています。
2011年にさがみはら写真賞を受賞し、近年国内外でますます注目を浴びる石川真生の、待望の写真集です。


出版社: フォイル
発売日: 2013/2/19
ペーパーバック: 96ページ

¥ 2,808

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料500円が掛かります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。